福岡県行橋市の【自律神経専門整体】wakaba整体院 行橋駅徒歩5分、行橋インターから車で8分 リピート率86% 夫婦で営む整体院

花粉症

花粉症と整体

花粉シーズンになってからマスクをしたり薬を飲んで対処している人をよく見かけます。

シーズンよりも前の冬の時期に整体で身体を整え、花粉症に対応できる身体の準備をしていると、いつもの症状の半分以下でおさまると言われています。

春がくる前の時期である2月あたりからの身体の調整をおすすめしています。

また、整体と食事療法を続けていけば症状がなくなることもあります。
花粉症は、花粉などが原因となって起こるアレルギーの一種とされています。
スギやヒノキなどの花粉が抗原となり、抗体が作られることで免疫過剰になり、敏感に反応してしまいます。

実際に免疫レベルでこのような現象が起こっていますが、なぜこのような免疫の問題が出てくるのかということを考える必要があると感じます。

花粉症

花粉症はなぜ増えてきたのか?

本来であれば、花粉は身体にとって悪影響はないはずです。
花粉症になる人は、身体のどこかで免疫が正常になれない原因があるのです。

ひと昔前まではこんなに花粉症は多かったでしょうか?
その原因のひとつに、食生活の差があります。

今と昔では食品添加物の摂取量、そして食べる量そのものが違うということが問題点のひとつと考えられます。

遺伝という考え方、花粉症になりやすい体質があるなども問題点として挙げられますが、そもそも家族に花粉症が多いということは、生活習慣が同じで食べ物の嗜好が似ているということが考えられます。

つまり、その体質を作っているのは毎日の食事にあると考えられます。

日本は添加物大国です。
ありとあらゆるものに添加物が入っています。

コンビニのパンやお菓子、外食、冷凍食品。
これらは手に入りやすい・便利・簡単とうい3拍子が揃っています。
当然、摂取量が高くなります。

添加物

特に花粉症にはグルテンが関係しています。
白砂糖、加工された塩、小麦粉などグルテンを多く含みます。
特に、白い洋菓子などは白砂糖がたくさん入った代表的なものです。

いまは花粉症に限らずにアレルギー持ちのこどもが増えました。

小さなこどもは大人に比べて身体が小さくて抵抗力が弱いぶん、添加物の影響を受けやすくなります。

季節の変化に対応できるように、その都度からだのバランスをとってくれるものが旬のたべものです。しかし、スーパーには季節の野菜でないものもたくさん売っています。

そのため、今は旬のものを食べる機会が減っています。

さらに、日本は高度成長期であった時代からグルメの話題が多く出てきました。
食に対する関心が高く、欧米の食事も取り入れた食生活が増えています。

時代の変化とともに食べ物の質や量も変化して、花粉症などのアレルギーに大きく関係しているのです。

糖分や添加物の取りすぎは、腸内環境に影響を与えます。そして、腸が疲れてくると腰にも影響がでてきて、姿勢のアンバランスにつながります。

姿勢が悪くなると自律神経のバランスも乱れ、呼吸が浅くなり血流が悪くなったり内臓の働きが低下し、老廃物を溜め込んでしまいます。
このようなからだでは本来の免疫機能が発揮できなくなります。

どうすれば花粉症が治るのか?

ひとつは腸内環境を整えることです。
免疫細胞の7割は腸で作られています。
腸は消化と同時に、免疫機能を持つ重要な器官です。

免疫という器官そのものは体内には存在しませんが、白血球やリンパ球などの免疫細胞が全身にくまなく存在し、連絡を取り合って身体を守ってくれています。

この免疫細胞が最も多く存在するのが、腸なのです。
割合でいえば、小腸には5割大腸には2割の免疫細胞があります。

免疫 腸

食べ過ぎると消化のためにいつも腸が働いてしまい、やがて疲労して限界がおとずれます。
すると腸の働きが低下してしまいます。

また、便秘をするといつも便が腸にいます。
人間は、たとえいらなくなった便からでも栄養を吸収しようとします。

すると血液にのって腐敗したものが全身へと巡り、内臓や皮膚といった全身の器官へ悪影響を及ぼします。
便秘になると老廃物が全身を巡っているのです。
このような状態では、身体が整うはずはありません。

そこで腸内環境を整えるには?
ということでwakaba整体院でできること
自分でできることと分けて書いていきますね。

wakaba整体院でできること

今までたくさんの花粉症の方やアレルギー性鼻炎の方の身体の施術をさせていただきました。
共通していえることは、本当に腸が硬い人が多いです。

院長も以前アレルギー性鼻炎で苦しんでいましたが、施術と食事を変えていくことで完全に症状がなくなりました。
当院ではまず腸を柔らかくしていき、腸を硬くしている原因を取り除きます。

腸を硬くしている原因は人それぞれですが、
頭蓋骨、仙骨、横隔膜、腸を覆っている膜、小腸、大腸などを丁寧に緩めていきます。

緩むことで腸が動き出し働きがよくなり、免疫機能が正常になっていきます。
もちろん、私達が腸を緩めても本人が食べ物に気をつけないとまた同じ状態に戻ってしまいますので、

ご自分でも花粉症を治したいという方は以下のことも併用しておこなってください。

自分でできる花粉症対策

花粉症の季節に備えて、冬ぐらいからからだのデトックスをしておくことです。

本当はいつもしているのがベストですが、花粉症のことを考えるのであれば冬からでも遅くありませんし、デトックスすることで効果が早く出てくるケースもあります( ´ ▽ ` )ノ

砂糖やマヨネーズなどの食品加工物を減らす。
牛乳、卵、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、それらを使用したお菓子類、牛、豚、鳥などの肉類、肉エキスが入った加工食品、マヨネーズなどの調味料を減らす。

そして、これらの製品が多く使われる外食も注意です。
これらのものを減らしていくと、花粉症が楽になるといわれています。

腹7分目を目安にすることと、空腹の時間を作る
簡単そうですが、いつも食べ過ぎている現代の日本人にはなかなか難しいと思います。

人間には細胞を修復する治癒力がありますが、空腹にすると壊れた細胞を修復してくれます。

空腹の時間を作ったり小食にすると、腸に休憩時間をあげることができます。すると花粉症腸の粘膜が修復され、花粉症の症状が改善していきます。

現代人は食べ過ぎの人が多いです。
そして、食べ過ぎている事に気がついていません。

花粉症のひどいひとは、今の時期から食生活に気をつけ、デトックスに心がけて下さい。
シーズンには症状が減ってきます。
そして、これを続けていれば来年、再来年と症状はもっと落ち着いてきます。

花粉症やアレルギー性鼻炎は治らないものと思っているかもしれませんが、一昔前までは存在しなかったものです。

環境汚染などの問題もありますが、同じ環境にいても花粉症にならない人もいますよね。
花粉やハウスダストが悪いのではなく、私達の身体の免疫機能がうまく働かなくなり、過剰に反応するようになっている事のほうが問題になります。

しかし、環境はなかなか変えることはできませんが、自分の身体は少し意識する事で変えていくことができます。
そして、身体を整えることで本来の免疫力が発揮されます。
wakaba整体院ではあなたの自然治癒力を引き出し、花粉症やアレルギー性鼻炎にならない身体にすることができます。

花粉の時期になってティッシュが手放せない、薬が手放せない方、どうにかして治したいという方はぜひ一度、ご相談ください。

 

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

wakaba整体院 HPはこちら

行橋駅から徒歩5分、ハミング通り入ってすぐの整体院

ご予約は080-2737-9099

『はい、wakaba整体院です』とでますので
お名前、ご希望日時をおっしゃってください。
留守番電話に繋がった際には留守番電話に録音してください。
折り返しお電話させていただきます。

また24時間ネット予約もあります。
2日前までのご予約しかできませんのでご了承ください。

初めて整体を受ける方へ
スタッフ紹介 院内紹介 整体料金
お客様の声 よくあるご質問 アクセス

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ご予約受付中
ブログ
ブログ

営業日

営業時間の変更

4/22 福岡研修のため15時から休み
4/23 福岡研修のため休み
4/30 引っ越しのため休み

SPEC_yoko

インスタグラムしてます(^ ^) ID:aikhrym フォロー大歓迎です

ご来院から施術までの流れ

お出迎え
お待ちしていました(^ ^)
カウンセリング
どこが痛みますか?
検査
検査2
身体の状態を詳しくチェック
治療
優しい心地いい施術です(^-^)
指導アドバイス
家でできるセルフケアを教えます
説明
今後の施術の説明
お見送り
お大事に( ^_^)/~ ぜひ一度ご来院ください
PAGETOP
Copyright © 自律神経専門wakaba整体院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.