こんにちは。

wakaba整体院、院長の平山三将です。

今、多くの方が『健康』について心配しているようです。

テレビであれがいいと言われれば、品切れになり
この体操がいいと言われれば、バカ売れしたり
これが危険信号ですよと言われれば、自分で症状を作ったり

人から聞いたことを鵜呑みにしてはいけません。

 

人間は常に健康であろうとします。

身体は反応しているし、気づいています。

それを無視して、人からいいと言われたことをするだけは健康になれません。

 

スポーツの一流の選手になれば、今日の便の状態、身体の硬さ、非対称差、重さなど、ほんの些細な変化を感じ取り、身体を調整しています。

誰でも、本来ならそうできるはずです。

ではどうやったら一流のスポーツ選手のようになれるのか?

 

今回は食事の面から見てみましょう。

まずは、身体にとっては三食お腹いっぱい食べると、とてもしんどいということをご理解ください。

食べ物を消化するには長いプロセスが必要であり、消化・吸収とは、身体にとっては、しんどいことなのです。

これを三食続けていると胃腸、肝臓などは働きっぱなしで内臓は疲れ、硬く、鈍くなってきます。

 

内臓が硬くなると体内の体液(血液・リンパ・脳脊髄液)の流れも滞り、疲れやすい身体になります。

また内臓は腹膜を介して、骨盤や脊椎に付いていています。

なので脊柱も動きが悪くなるのです。

さらに神経を介しても身体全体に影響を与えています。

 

食べ過ぎには、大腸を汚すという害もあります。

大腸は食べカスを体外に出て行くように便を作るわけですが、この作業が追いつかなくなり、俗にいう宿便となって腸の壁にこびりつきます。

免疫細胞であるリンパ球は小腸に集まっていますが、それがきちんと作動するかどうかは大腸の腸内環境にかかっています。

免疫に支障をきたす大腸の汚れは、あらゆる病気の原因となります。

今すぐ食べ過ぎをやめ、粗食にしましょう。

まずは1日2食、腹7分目を目標にしましょう。

 

食事

 

そうすることで自分の身体に敏感になり、変化に気付けるようになります。

まずはwakaba整体院での治療を受けて、どれだけ内臓が身体全体に影響を与えているか実感してみてください(^ ^)

経験上、膝が曲がらない方は内臓を治療することで、曲がるようになる方が多くいらっしゃいますし、腰痛の方でも内臓を治療することで効果を上げれることは多々あります。

なにをしても効果がなかったよというかたはぜひ一度ご来院ください。  

 

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

wakaba整体院 HPはこちら

行橋駅から徒歩5分、ハミング通り入ってすぐの整体院

ご予約は080-2737-9099

『はい、wakaba整体院です』とでますので
お名前、ご希望日時、ご希望コースをおっしゃってください。
留守番電話に繋がった際には留守番電話に録音してください。
折り返しお電話させていただきます。

また24時間ネット予約もあります。
2日前までのご予約しかできませんのでご了承ください。

初めて整体を受ける方へ
スタッフ紹介 院内紹介 整体料金
お客様の声 よくあるご質問 アクセス

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️