こんにちは。

wakaba整体院の平山愛子です。

今日はストレスからなる過敏性腸症候群について書いていきたいと思います。

 

近年は大腸がんの人が増えているのと同様に、

過敏性腸症候群

の人も上昇傾向にあります。

過敏性腸症候群とは、お腹の痛み不快感下痢便秘といった症状が続きます。

血液検査や内視鏡を行っても炎症や腫瘍はみつからないので、主にストレスが原因で起きると言われています。

 

ストレス腸

 

致命的な病気ではありませんが、いつもお腹がゴロゴロして映画館や電車などのトイレのない場所にいられなかったり、仕事中にトイレに何度も行ってしまうなど、生活に支障をきたしてしまうので悩むかたが多いです。

下痢や便秘が続いていても、大きな病気でないのであれば『お腹が弱いから仕方ない』と割り切ってしまうことがあります。

病院などの医療機関にかかってない人を含めたらかなりの数になっていると思われます。

 

過敏性症候群は4つのパターンがあります。

1、不安定型・・・・下痢と便秘が複数日間隔で交互に起きる

2、慢性下痢型・・・・少しでもストレスや不安を感じると下痢をする

3、分泌型・・・・強い腹痛後、大量の粘液が排出される

4、ガス型・・・・周囲に気を使っておならを我慢するが、逆に余計におならが出てしまう

男性は下痢をしやすい傾向にあり、女性は便秘傾向にあります。

 

主に社会人男性に多いのは『慢性下痢型』です。

 

下痢

 

大事な会議や商談のときにもトイレに行きたくなり、集中できなくなってしまいますね。

ストレスやプレッシャーなどの精神的な不安や緊張が元で自律神経が乱れた結果、腸の運動や分泌活動が過剰になってしまいます。

 

食べ物は、口から入ると食道→胃→小腸→大腸→肛門

を通って便として排泄されます。

便秘は大腸の蠕動運動が弱くなってしまい内容物が腸内にとどまってしまいまいますが、下痢は大腸の蠕動運動が活発になりすぎるため、腸の内容物の水分が十分に吸収されずに下痢の状態で排泄されます。

いずれも腸内環境が整ってないから起こります。

腸は免疫を作る場所ですから、腸内環境はとっても大切です。

下痢や便秘が続く人は腸内細菌のバランスが悪く、悪玉菌優位となっています。

今の時期ならアイスクリームや冷たい飲み物をたくさん取ってしまえば下痢になってしまいます。

一時的なストレスであれば、ストレスが減っていくと同時に腸の調子も元に戻っていきますが、ストレスをずっと溜めてしまい慢性化してしまうのは免疫も下がってきますし、肌荒れなども起きてくるのでよくありません。

 

腸は脳と深いつながりを持っています。

腸と脳は離れた場所に位置していますが、血管や血液を通じて脳内で作られた物質を取り入れながら相互に影響しあっています。

これを腸脳相関といいます。

脳は腸が行うこと、腸は脳が行うことを自律神経によって伝えあっています。

脳がストレスや緊張に支配されると腸に異常がなくても自律神経を通じて腸も緊張状態になり、消化や吸収、蠕動運動が乱れます。

 

腸脳相関

 

ついつい体質だと思ってしまいがちな下痢や便秘ですが、放っておくと大きな病気になりかねないので、注意が必要です。

お腹の調子が気になり買い物や人の多い場所を避けてしまっていたり、旅行や遠出をあきらめたりしてはもったいないです。

健康であれば、趣味やチャレンジできることが増えてきます。

 

自分の身体とは一生のおつきあいをします。

整体ではまず自分の体の状態を知ることができますし、体質を変えていくことや予防という面も大切なことです。

wakaba整体院では、不調を和らげて快適に過ごせるように、みなさんの生活の質を広げるきっかけになれればと思っています。

便秘の治療についてはこちらをご覧ください。

 

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

wakaba整体院 HPはこちら

行橋駅から徒歩5分、ハミング通り入ってすぐの整体院

ご予約は080-2737-9099

『はい、wakaba整体院です』とでますので
お名前、ご希望日時、ご希望コースをおっしゃってください。
留守番電話に繋がった際には留守番電話に録音してください。
折り返しお電話させていただきます。

また24時間ネット予約もあります。
2日前までのご予約しかできませんのでご了承ください。

初めて整体を受ける方へ
スタッフ紹介 院内紹介 整体料金
お客様の声 よくあるご質問 アクセス

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️