こんにちは。

wakaba整体院の平山愛子です。

みなさんシルバーウィークは楽しめましたか?(^ ^)

 

私たちは以前の職場の方たちと熊本の人吉までラフティングに行ってきました。

川の水はもう気持ちいいと呼べるほどの冷たさではなく、寒かったです。

といっても、日中はまだ日差しが暑くて半袖でもいいくらいです。

そして朝晩はクーラーいらずになりましたね。

虫の鳴き声も聞こえてきて、だんだんと秋模様になってきました( ^ω^ )

 

秋模様

 

秋は夏の疲労が身体に出てきます

これを『秋バテ』と呼びます。

「秋バテ」のタイプは、夏の生活習慣により2タイプが予想されます。

 

1つめのタイプは、節電対策のため、冷たいものを摂りすぎた「内臓冷えタイプ」

 

内臓冷たい

 

節電の為に暑い部屋の中にいると、冷たい飲み物やアイスなどを多く摂取する傾向があります。

冷たいものを摂取しすぎると胃腸が冷えて、内臓の機能が低下し血流が悪くなったり、免疫機能が低下してきます。

そして秋になるとその疲れが身体にでて、風邪を引きやすかったり、内臓が硬くなり、腰痛、肩こりなどの症状に繋がってきます。

 

2つめのタイプは冷房の効いた室内で長時間過ごした「冷房冷えタイプ」です。

 

冷房冷え

 

夏は汗をかいて体温調節や老廃物を出していますが、冷房の効いた部屋ばかりにいると汗をかかなくなってしまいます。

汗をかかなくなると、老廃物が身体に溜まりやすく、尿や下痢で身体の外に出そうとするので、腎臓や腸に負担が増えます。

 

夏になると下痢をする人が多いのも汗をかけていないことが原因かもしれませんね。

また猛暑の夜は、暑さから身体を守れずに負担をかけてしまいます。

エアコンに1日中あたると汗がかけないので悪影響ですが、自律神経の働きを考慮してみると、夜はエアコンを適温でかけてリラックスしていたほうがよいです。

 

自律神経は、昼間は活動的でアクティブな方向へ向かう交感神経が働いていて、就寝時は副交感神経が働いてリラックスして安静状態になります。

昼間は汗をしっかりかいて夜は休息のために適度にエアコンを使い、身体に負担をかけないようにしてメリハリをつけていると、秋の季節に体調管理がしやすいのです。

夏に負担をかけた身体は秋になると、のどが痛くなりやすかったり、下痢や頭痛が長引いたりします。

また、食欲の秋といいますが、もしむやみに食欲がある場合は、腎臓が疲労しているかもしれません。

 

腎臓疲労と食欲の関係

さきほども書いた通り、秋は汗をかきにくいので汗として出ていた水分を尿として排出する必要があります。

そのため腎臓が過剰に働かなければなりません。

過剰に働くと、尿酸が余剰に分泌され、その尿酸が胃にまわされる胃酸となります。

そして、その過剰な胃酸によって食欲が刺激されるというメカニズムになっています

 

身体でいえば、下記のような部位に異常がでている事が多いです。

胸椎5番 体温調整の部位

胸椎8〜10番 胃の拡張の関係する

胸椎10番のねじれ 胃酸の過剰分泌

 

秋になって体調がどうもすぐれない、食べ過ぎなくらい食べてしまう、疲れがとれない、朝起きるのが辛いなどの症状がある方は『秋バテ』かもしれません。

 

wakaba整体院では全身を調整することで、このような症状にも対応することが可能です。

もし心当たりがある方は、是非一度ご相談くださいね。

 

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

wakaba整体院 HPはこちら

行橋駅から徒歩5分、ハミング通り入ってすぐの整体院

ご予約は080-2737-9099

『はい、wakaba整体院です』とでますので
お名前、ご希望日時をおっしゃってください。
留守番電話に繋がった際には留守番電話に録音してください。
折り返しお電話させていただきます。

また24時間ネット予約もあります。
2日前までのご予約しかできませんのでご了承ください。

初めて整体を受ける方へ
スタッフ紹介 院内紹介 整体料金
お客様の声 よくあるご質問 アクセス

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️