こんにちは。

wakaba整体院の平山愛子です。

11月になってずいぶん寒くなりました😢

冷えが気になる季節ですね。

特に女性にとって冷えは天敵です。

 

冷えていると睡眠にも影響してきます。

よく眠れないと翌日に疲れが残っていたり、風邪を引きやすくなったりしてしまいます。

 

そこで、今日は人が寝る時に起こる身体のメカニズム

ぐっすり眠れる方法を書きたいと思います。

 

まず、人は眠りに入る前は体温が上がります

そして手足や身体の表面からこの体温が放熱されることによって体内の深部体温が下がり、眠くなるというメカニズムになっています。

赤ちゃんや子供が眠る時、手足が温かくなるのと同じように大人も体温を上げて熱を発することで深部体温を下げ、眠りの体制に入ろうとします。

深部の体温が下がる時には手足などの末端から熱が放出されますが、手足は皮膚が薄くて血管が浮き出ているので熱を放出しやすい場所です。

 

しかし、冷えやストレスなどの影響で体温が上がらないと、この体温調節はうまくいきません。

また、血のめぐりがよくないと熱を血液にのせて手足までうまく流せないため、深部体温が下がらずに寝付きが悪くなってしまいます。

 

特に足は心臓からも遠いため、手よりも血液が届きにくいです。

スムーズに眠気が起きてぐっすり眠るためには、この体温調整がきちんと行われるように促してあげることが大切です。

そのためには、就寝前に身体を温めることがポイントになります。

身体が温まり心身共にリラックスした状態になれば、放熱が促され深部体温が下がるので、眠りに入りやすくなります。

 

●湯船に浸かること

湯船は寝る1〜2時間前に入るのがよいです。

しかし、温度が熱すぎたり長湯は逆に交感神経を刺激してしまうので、41〜42度の湯温で20分以内が理想的です。

 

湯船

 

●湯たんぽを使用する

湯たんぽを使うことによって、副交感神経を刺激し心身をリラックスさせることができます。

筋肉の緊張をほぐし、リラックスすることで身体の力が抜けて血液の流れをよくしてくれます。

 

湯たんぽ

 

湯たんぽはナチュラルな暖かさで、時間の経過とともに徐々に温度が下がっていきます。

この自然な温度変化が身体にとても優しいです。

湯たんぽは足だけでなく、お腹に当てて内臓を温めるのもオススメです。

内臓は熱の産生をする場所です。そして内臓を温めることで副交感神経を刺激してリラックスできます。

湯たんぽの注意点は、直接肌に当てないことです。

低温やけどを起こしてしまうので、湯たんぽ用のカバーやタオルなどにくるんで使用して下さい。

 

また、手軽な電気毛布や電気アンカでもいいのでは?と思いがちですが電気毛布だと温度はずっと一定ですよね。

そのため、電気毛布は過度に温めすぎてしまいます

睡眠中の体温というのは、低くなることで眠りが深くなります。

寝る前にちょっとだけ布団の中の温度を高くしておく程度に使うのは問題ないですが、寝ている間ずっと電気毛布をつけて寝ていることは、過度に寝汗をかいたり眠りが浅くなってしまいます。

温度が常に一定に保たれる電気毛布は睡眠を阻害することになります。

 

人は手足が温まると眠たくなります。

手足の温度が上がることにより、血行が促進され、脳の松果体という場所から、セロトニンという物質が分泌されるからです。

セロトニンは、眠気を促進するメラトニンの分泌を促す効果があります。

そのため、手足を温めることによって眠気を促すことができます。

皆さん是非試してみてくださいね😊

 

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

wakaba整体院 HPはこちら

行橋駅から徒歩5分、ハミング通り入ってすぐの整体院

ご予約は080-2737-9099

『はい、wakaba整体院です』とでますので
お名前、ご希望日時をおっしゃってください。
留守番電話に繋がった際には留守番電話に録音してください。
折り返しお電話させていただきます。

また24時間ネット予約もあります。
2日前までのご予約しかできませんのでご了承ください。

初めて整体を受ける方へ
スタッフ紹介 院内紹介 整体料金
お客様の声 よくあるご質問 アクセス

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️