こんにちは。

wakaba整体院の平山愛子です。

今日は旬の食材の事について書きたいと思います。

 

日本は四季が巡り、自然環境に恵まれています。

そして、それぞれの季節に合った食べ物がと言われます。

 

旬の野菜

 

旬のものは美味しいといった以上に、他にも素晴らしい意味があります。

まず、ふさわしい季節に育ってこそ栄養豊富であり、数値には出てこない食物の生命力がみなぎり、免疫力が上がります

 

春はホルモン分泌が盛んになり、身体に溜まったものが吹き出てきやすい季節です。

春野菜の菜の花やブロッコリー、たけのこなどのよく伸びて苦みがあるものは、身体の老廃物を外に追い出してくれます。

しかし、アクが出てきたり作用の強い野菜でもあるので食べ過ぎには注意が必要です。

 

夏は、活動的で全身から汗がたくさん出ます。

夏野菜のトマトやきゅうり、すいかなどは、身体を冷やす作用を持っており、ほてった身体をクールダウンして夏バテにならないようにしています。

 

秋から冬にかけては、寒さで身体が冷えてきて、代謝が落ちてきます。

冬野菜である大根やごぼうなどは、身体を温める作用があります。

 

また、旬のものは免疫力が上がるので風邪やインフルエンザの予防にもなります。

 

免疫力アップ

 

季節に四季があるように、人間の身体にも四季があります。

そして、その都度身体のバランスを取ってくれるのが旬の食べ物です。

旬のものを食べることが、サプリメントに頼るよりも格段に身体にいいです。

 

また、旬の野菜はその季節に育ちやすいようにできています。

太陽や土からの栄養を吸収しやすいので発育が良く、あまり農薬や化学肥料を使う必要がなくなります。

すると、農薬から出る毒の摂取も減らすことができますので、身体に毒素を溜めにくくもなります。

 

また、日本人が昔から受け継いできた野菜は、白菜や大根などの『淡色野菜』と言われています。

 

淡色野菜2

 

歴史の中で受け継がれた野菜は、その土地で生きている人の身体に良く合うように育った作物です。

日本人の身体には淡色野菜がよく合い、身体の免疫力を上げてくれるそうです。

冬は、このような淡色野菜があるので、色んな料理法で楽しんで食べれば、バリエーション豊富ですね

 

毎日の生活の中で、食べる事は楽しみのひとつでもあります。

おいしく食べるということは、最高のストレス解消になります。

 

自律神経はデリケートで、ストレスの影響を受けやすいです。

自律神経を整えるには、日々の生活リズム、食生活、リラックスできる事が大切です。

整えるというと難しく考えてしまいがちですが、このように旬の食材を楽しんで食べることでもリラックスできて、自律神経にいい影響を与えてくれます。

自分でできる、気軽な健康法ですね。

自然から頂く最高な食材を食べて、寒い冬を乗り切りましょう^ ^

 

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️

wakaba整体院 HPはこちら

行橋駅から徒歩5分、ハミング通り入ってすぐの整体院

ご予約は080-2737-9099

『はい、wakaba整体院です』とでますので
お名前、ご希望日時をおっしゃってください。
留守番電話に繋がった際には留守番電話に録音してください。
折り返しお電話させていただきます。

また24時間ネット予約もあります。
2日前までのご予約しかできませんのでご了承ください。

初めて整体を受ける方へ
スタッフ紹介 院内紹介 整体料金
お客様の声 よくあるご質問 アクセス

◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️◽️◾️