こんにちは。

福岡県行橋市 自律神経専門整体 wakaba整体院の平山愛子です。

今日は電磁波について書きたいと思います。

今は携帯やパソコンをひとり1台持つ時代になりました。インターネットの普及により私たちの生活は便利で快適です。

好きな時間に調べたいことを調べられ、ネット通販ができたり、メールやラインなどでいつでも連絡が取れます。携帯の通話も、料金を設定すればかけ放題にもなり長電話もしやすくなりました。ビジネスにも活用できますし、今ではなくてはならない必需品です。

しかし便利な一方で、わたしたちは毎日のように電磁波を浴びていることをご存知でしょうか?

最近多くの人が訴えられている、頭痛や目の疲れ、吐き気や食欲不振、イライラやうつ症状などの自律神経症状は電磁波の影響を受けていることも原因のひとつです。電磁波は目に見えないだけあって、知らず知らずのうちに多く浴びてしまっています。

最近、当院には小学生の子どもがこのような症状で多く来院されています。

お話を聞くと、携帯を寝る前まで触っていたり家にいるときはずっとゲームをしているとのことです。もちろんテレビゲームなどからも電磁波が出ています。

今の時代、電磁波の影響をすべて断ち切ることはまずできませんが、少しの心がけや工夫で身体に浴びる量を減らしていけます。以下は対策ですので参考にして下さい。

電磁波の出ている製品の使用時間を少なくする・配置を工夫する

携帯・パソコン・スマートフォン・電子レンジ・掃除機・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・空気清浄機・エアコン・ドライヤー・電気毛布・電磁調理器(IHクッキングヒーター)・ミキサー・ホットプレート・電気ストーブ・オーディオ類は電磁波が強く出ています。これらの製品の使用は手短にしましょう。また、冷蔵庫やエアコン、空気清浄機などの大きな置物は、ふだん自分のいる場所から離れた場所に置くような工夫をして下さい。

寝るときは携帯の電源を切る

電磁波は寝ているときがいちばんカラダへ影響します。携帯のアラーム機能を使っている人は、目覚まし時計に変えるのがオススメです。寝るときは携帯の電源を切るか、寝室に持ち込まないようにしましょう。パソコンなども同様です。

携帯はカバンに入れる

特に携帯電話の裏面から電磁波が出ています。裏面をカラダ側に向けたままポケットに入れていると、電磁波を受けやすくなります。できるだけカバンに入れて持ち歩きましょう。

ゲームの時間帯や使用時間を見直す

ふとんに入って携帯ゲームをしているうちに寝てしまった。となると、携帯がつきっぱなしになるので寝ている間に電磁波を受けてしまいます。また、いくらゲームがカラダによくないとはいえ、完全にやめるとなるとかえってストレスになります。ゲームをする時間帯はしっかり起きている朝や昼間にして、夜の寝る前は控えて下さい。使用時間も決めてメリハリをつけましょう。工夫して楽しむといいですね^ – ^