こんにちは。
wakaba整体院の平山三将です。

私は開業してから1年間は人に会う事をあまりしていませんでした。
会うのは妻と家族、来院してくるお客さん、勉強会に行ったときに出会う先生方くらいでした。
最近はようやく、店舗を移転するにあたり色んな方に会いに行ったり、お仕事の打ち合わせで頻繁に会うようになりました。

それだけ人にあまり会わない生活をしていると人に会った時の違和感というのを感じるようになります。野生の勘みたいなのです。
店舗移転にあたっても「この人だっ」という人に出会った時はビビビッときてすぐお願いするようにしています。
逆に違和感がある場合は一度考えて再検討します。

先週の日曜日は強烈な違和感を感じる出来事がありました。

勉強会の帰りに妻と天神をぶらぶらしてご飯を食べて帰ったときのことです。
お洒落なカフェに入り、注文をして私はパンケーキ、妻は手ごねハンバーグを頼み待っていました。
10分くらい経つと妻のハンバーグがきて待つことさらに10分後に私のパンケーキがやってきました。
妻は半分くらい食べ終わっていました。

なぜパンケーキに20分かかったのか?
なぜ時間がかかる事を説明しなかったのか?

そして食べ終わって食後のデザートと飲み物を待っていたのですが、5分経っても10分経ってもこず、まだですか?といいに行くとすぐもっていきますと・・・

すぐにもって来れるならなぜ持ってこなかったのか?
気づいていなかったのならなぜ本当の事を言って謝らないのか?

食事もデザートも飲み物も美味しかった。
でも凄く疲れました。

改めて食事っていうのは美味しいのも重要だけど、一緒に美味しいねといいながら雑談をしながら食べる、いいタイミングで食べ物や飲み物やデザートをもってきてくる店員さんの気遣いのほうが大事だなと。

美味しいけりゃいいだろ、お洒落だからいいだろじゃなくて、食べに来た人がいかに楽しく食事ができるか、どんな思いで帰ってもらうかを考えてやっているとこんな事は起きないだろうな。

店員さんの思いやこのカフェの経営者の思いが伝わってきます。

なんでお金持ちが敷居が高く、値段も高いところで食事をするのかが分かる気がします。

この一連の出来事で気づいたことがあります。

それは

自分の考えやマインドが合わない人と会うと物凄くエネルギーを消費して疲れるという事です。
またそれとは反対に自分と考えやマインドが合う人と出会うと自分のエネルギーが大きくなり疲れるどころか元気になります。

金属を鳴らすと、近くの金属も共鳴して音が鳴るように人間でも同じ事が起きているんだなと実感しました。

人間と人間でも話したり、触れたり、近くにいるだけでお互いに目に見えないものを共鳴しあって生きています。

整体院も治療が上手い、勉強しているのは当たり前、院内が清潔でおしゃれなのは当たり前。それにプラスαで来院してくれた人が健康になって笑顔になれる、そんな思いのこもった治療院にしていこうと思う1日でした。